少しずつ変化してる

昨日の昼間、西日が、淡い黄色の光になって、私の部屋に差し込んできた。

この色、この暖かみが感じられる、晴れた日の十四時とか、十五時がすごく好きだ。

と、言ってられるのも、夏以外の時期だけだけれど。

 

私は、自分の部屋から見る景色が好きだ。

の割には、窓を開ける事が少ない。

こちら側から眺めがいいという事は、向こう側からもよく見えるからだ。

 

白の背景に灰色の文字の記事を見る。

文字が背景に溶け込んでいきそうで、私は少し苦手だ。

でも、綺麗だと思うし、心なしか文章もかっこよく見える。

 

昨日から、写経(文章が上手いと思うブロガーさんの文章を、テキストエディタなんかに打ち込む作業。)を始めた。

とりあえず、一つのブログに留まらず、文章が気になった記事を写経していくつもりだ。

自分がいかに、いい加減なブラインドタッチをしているかを思い知らされている。

打っていると、その人が使ってる入力ソフトが気になったり、いろんな事に気づく事が多い。文字の選び方だったり、改行だったり。

それだけでも、写経をしてよかったと思う。

 

でも、肝心の自分の記事には生かし切れてないと気づく。

何か、一日あっても、記事を仕上げるのが出来そうにないと思える時がある。

最近は、記事に時間をかけ過ぎているのが、自分でも分かる。

その割には、一行書いて止まりの繰り返し。

そんな自分を打ち破ってみたくて、いつもと少し書き方を変えた。

足掻いてもいい文章は出てこなかったけど、今はこれでいいと少し思った。