妹の事とか

妹が、小説投稿してみようかと思うというので、やっとそう思えるようになったのかと、微笑ましかった。

妹の小説には一目置いている。

何か、やってくれそうな感じがするのだ。

もともと、妹に小説を書く事を勧めたのは、私だ。

彼女は、めちゃくちゃ本を読んでるし、文章もいいし、私なんかより、才能がある。

前に投稿してみれば?と言った事があるけど、その時は、いやぁ…という感じだったけど、やる気になってくれて、うれしかった。

 

そういえば、この間出かけていた母が、生島ヒロシに会って、握手してもらったらしい。

いいなぁ。私も有名人に会いたいよ。

しかし、有名人に会える希望は0%のど田舎に住んでる私には、土台無理な話だ。

ここ出身で、有名な人って、いないし。

ため息しか出てこない。

 

まぁ、ど田舎と言いつつ、住んでいて、私的には最高の所だったりする。

車がないと不便だけど。

将来的には、車も運転出来るようにならないとなーと思ったり。

ペーパードライバーだし。

 

まぁ、ゆっくりやっていこう。