内田康夫の本の話

作家の内田康夫が亡くなったと前に聞いたが、未だに実感はない。

 

死者の木霊」と「後鳥羽伝説殺人事件」は、ずっと内田康夫の最高傑作と思ってきた。まぁ、最近のは読んでないので、それに代わる作品があったのかもしれないが。

 

死者の木霊」も「後鳥羽伝説殺人事件」も、どちらも刑事さんが苦労する話だ。

あまりにひたすら、報われないかもしれない捜査をしているので、かわいそうに思えた。

 

死者の木霊」で、苦労する刑事、竹村岩男が出てくる作品は、竹村警部シリーズになり、「後鳥羽伝説殺人事件」で、報われない捜査をしていた刑事を助けた浅見光彦もシリーズ化になり、後の作品だが、二人共出てくる作品もある。

 

何か、一回内田康夫らしくない、本格ミステリっぽい作品もあったなー。

タイトル忘れたけど、内田康夫はこんなのも書けるというのを示したかったみたいだけど。

浅見光彦殺人事件」は、浅見光彦シリーズの他の本を読んでないとよくわからないかも。

 

とりあえず、「死者の木霊」と「後鳥羽伝説殺人事件」はおすすめなので、図書館とかで見かけたら読んで見てください。