新参者の独り言

私は、ブログを書く事で、誰かに認めてほしいんだなと思った。

投稿をして、しばらくして、管理画面にログインして、通知やら、アクセス数を見る事に勇気がいる事がある。

全く反応がないかもしれないと考えると、怖くなり、ログインして、ページが完全に表示するまで待って、恐る恐る通知を見ることがある。

反応が返ってくるとうれしい。

一人じゃないって気がする。

 

このブログを始めだした頃は、はてなのグループにも入ってなかったので、誰も来なかった。

とりあえず、記事を書こうと思って頑張って、一日二回更新する事もあったが、空回りしているだけだった。

これが、最初から、人が来てたり、コメントが付いたり、スターが付けられたりしたら、また違ったブログ人生だったろうけど、私の実力では実現不可能だし、分不相応だ。

実力あるブログにこそ、そういうのが似合うのかもしれない。わからないけど。

実力あるブロガーさんは、一アクセスの重み、一スターの重みをよくわかっている人なんじゃないのかと思う。

何でも当たり前と思わず、一つ一つの事に感謝して、日々、いろんな事に注意して、努力して、ブログを書いてるんだろうなと考えたりする。

 

私はまだまだ、はてなブログを始めて、四ヶ月ぐらいの新参者だ。

半年以内に、ブログを始めた人を何人か見かけてるけど、今はちゃんと更新をされているけど、ブログを始めてから、一年後まで続けているかどうかは分からないなと思う。

私だって、いつ脱落するとも限らない。放置状態にはしたくないが、やむを得ない事もあるかもしれない。

 

ブログを続ける事は、ある意味、自分との戦いでもあると思う。

あー、ブログ書きたくないと思う時に、どうやって、やる気を出すか。ネタを見つけるか。

無理に書かなくていいけど、でも折角作ったブログだし、見ているこっちとしては、更新して欲しいのです。勝手な事を言ってすみません。

 

 なんか、ブログを書く習慣がすっかり付いてしまった。いいことだけど。

ネタが切れなきゃいいが。(^^;