ブログについて思う事

ブログやってて、自分では納得出来る記事を書いたつもりだったり、逆にこれはつまらないと勝手に決めつけて投稿したり、いろいろなんだけど、反応が自分が思っているのとは全く違っている事が結構ある。

 

自分の思いと見てくれてる人の反応が、多分同じだったのは、この記事だ。

arutenaira.hatenablog.com

 かなり、ノリノリに書いてた。

多分、「よっしゃー!!」とか、「やったー!!」って思って、投稿したような気がする。

 

なんか、ブログの記事って、投稿するまでが、自分の領域で、アップした途端、自分の手を離れていくような気がしてしまう。

過去記事は、たまに読むだけで、大体見ないし、興味もない。

埋もれていく一方だと思ってたけど、過去記事にスターを付けて下さる方がいて、決して書いてきた事が無駄になってないと思うと、何か感慨深いものがある。

 

私はあまり、芸能人のブログを読まない。

一般人の何気ない記事が書かれているブログが好きだ。

よく、一般人の日記ブログは読まれないだの言うけど、私は逆に読まない事は損だと思っている。

そういう日記系のブログを読んで、影響されて商品を買ったことが何回もあるし、載ってるレシピを参考に料理を作る事だってある。

 

日記系ブログは、人柄が重要視されると思う。

書いてる人の姿は見えないけど、こういう人なのかなーと、想像できる、何かこう、人柄がにじみ出ているような感じ。

その人その人で、雰囲気とか、口調とか違うので、読んでると楽しい。

 

日常の事を読むのは、人によっては、つまらないかもしれないけど、いろんな可能性を持ったブログなんだと言っておきたい。

今つまらないと言われているブログの管理人が、何年かしたら、アルファブロガーになってるかもしれないのだ。

日記系ブログだからといって、あなどれない存在である事は間違いないと思う。