はてなブログやってて思う事

自分でも納得の行く記事を毎回書きたい所ですが、なかなか難しい所ではあります。

よっしゃー!!やったー!!と投稿ボタンを押したことが、ブログ日数の内、どれくらいあったのか考えると、多分少ないと思います。

納得行かないけど、こういうのしか書けなかったという事のほうが多いでしょう。

arutenaira.hatenablog.com

 一度、こういう風に謝った事があります。

この記事からしばらく前は、自分でも納得行く記事が書けていたのです。

ところが、ついに、下書きのストックもなくなり、自信も失い、こんな事を書いてしまいました。

そんな中、ありがたい事に、スターを送って下さる人達がいて、ああ、なんだ、ありのまま書いていいんだと気付かされました。

 

他のブログではあまり感じた事がないのですが、はてなブログは、才能の塊のような人が沢山いて、力を見せつけられ、劣等感にさいなまれる事がよくあります。

 

時々、同じように、他の人はすごいとか、羨んでる人をはてなブログでよく見ますが、私から見れば、その人もすごい才能持っているとしか思えないのです。

文章が上手くないとか、自分の言いたい事を上手く表現できないとか書いてる人の記事を読みましたが、そんな事を微塵も感じさせない、ちゃんとした記事で、全く落ち込む必要ないですよと言いたいです。

 

今週のお題に、前の記事で参加してみましたが、どうも、私が書くとざっくりといった感じなんですが、他の人は丁寧に、かなりの文字数書いていて、しかもそれが面白いんですよね。

私の場合、長文を書こうとすると、どうしても、だらだらになってしまいます。

終わりの見えない電話をしているみたいな…。

 

これは、私が長い文章を読むのを、苦手としている事に起因しています。

折角いい記事なのに、読むのを途中でリタイアした事が何度あったことか。

でも、それでも、興味があったり、記事の内容に引き込まれ、かなりの長文でも、読み終わることが出来た記事もあるんですけどね。

 

大体、私は行き当たりばったりに記事を書くから、だらだらな記事になってしまうのだろうと思います。

でも、計画的に書くというのは、私には出来ないだろうし、今まで書いてきたやり方を変えると、多分書けないんだろうなと思うのでしませんけどね。