子供の頃に大切にしてたもの

小学生の頃、よく遊びに行っていた家で、理想の部屋を包装紙の裏に描いた。

その頃私は、海の近くに住みたいと思っていたのだろう、部屋の窓の外には、海が描かれていたのを覚えている。

あと、ベッドや、丸い窓があり、結構こだわって描いた気がする。

その紙は、その後大切に仕舞ったつもりだったが、いつの間にか無くなってしまった。

あれがあればなぁ、と時たま思う事がある。

それくらい、私にとっては、重要な物だったのだ。

 

その代わり、子供の頃、これだけは大切にとっておこうと思って置いていたジェニーがあって、それが、きっかけになって、大人になってから、ドールを集めるようになった。

 

子供の頃にあったものって、知らないうちに、大抵なくなってしまうのが残念だなと思う。