自分のためにブログを作った

人のためになる話、人の役に立つ事は、大体書けない。

私が持ってる情報が他の人の役に立つ事なんてない。

アルファブロガーさんのような感じには、一生掛かっても出来ないと思う。

 

大体、人のためにブログを始めたんじゃ無く、自分のためにブログを作った。

ロボットと自分ぐらいしか来ないブログが、何故か心地よくて、毒の吐き出し口にしたりしてる。

日記帳みたいなものって感じ。

 

本当は写真も載せればいいけれど、そういう余裕もないので、テキスト中心に。

大体、テキスト中心ブログは、よほど面白くないと人が集まらないから、多分未来永劫このブログは流行らない。(っていうか、はてなブログが未来まで続くかもわからないが…。)

 

大体、アクセス解析に翻弄されるのをなんとかしたい。

アクセスが低くなったら、落ち込み、もうだめだと思う時もあれば、アクセスがあって、うれしい気持ちになったり、一喜一憂するのが、私の駄目なところだ。

 

ていうか、大体、自分が読んで面白くない物が、人様が読んで面白いわけ無い。

アクセス数は、自分の家を車や人が通り過ぎるのと似ているかもしれない。

その人達をどう家に興味を持たせるかということが、読者を増やすこつみたいな…。

 

だから、そんな事で、落ち込んでブログを書く気力がなくなるというのは、もったいない。そもそも、人に来て欲しいために作ったんじゃ無いから。自分が楽しみたいために作ったんだから。

 

だから、いつも、今日がブログを作った日と言い聞かせればいい。

今日始めたんだから、さすがに人は来ないよなーと思わせる。

まぁ、これが、なかなか出来ないですが、やっぱり、初心に戻るって大切だと思います。