arutenaira

ひかりが書いているテキスト中心ブログ。ブログについて書いてる事が多いです。

私を救った空想の世界

子供の頃、心が傷つくのに耐えきれず、自分を守るため、寝る前とかに空想に浸る事がよくあった。

現実逃避というか。

自分の頭の中で、話を考えて、登場人物を演じ、作っていくという感じ。

自分が創造主となる事で、登場人物を幸せにしたかった。

この空想の世界がなかったら、私は生きてこれなかったかもしれない。

話を考えながら、途中、登場人物の気持ちが直に伝わってきて、泣いてしまった事がある。

今は寝る前に空想をする事はなくなった。

その代わりに、低レベルな小説を書くようになった。

けれど、私の中にまだ空想していた時の世界は残っているし、当時考えていた話も、大体頭の中にある。

記憶が消えるまで、空想の世界は私の中から消えないのだ。

どこかにその事を書き残しておこうとも思わない。

大事なものだからこそ、私の頭の中で保存しておきたいのだ。

最初の記事は初心を思い出させてくれる

ブログの一番最初の記事は、書いた本人にとって、特別な存在だと思う。

でも、私はいつもは忘れているし、書いた内容すら、ぼんやりとしか思い出せない。

なぜ、特別な存在かというと、読むと、書いた時に思った事や自分の決意が思い出されるからだ。

arutenaira.hatenablog.com

私の場合、ただの自己紹介で、決意を書いてないけど、この頃は、今よりワクワクしていた。

新しいブログを作り、新しいHNで、今までやってきたブログとは違う事をやりたかった。

どうしてあの頃は、誰も来ないのに、ひたすら記事が書けたのか。

未来が見えない中、どうして希望を見いだせたのか。

あの頃の自分に問いたい。

まぁ、あの頃の自分は、少なからず今の私に組み込まれているのだろうけれど。

私も新たな気持ちでブログを書いていきたいという気持ちになった。

これも、最初の記事の存在があったからだと思う。

どうしてそのテーマを選んだの?と思うことがよくある

自由ネコさんの記事を見て、私も言いたくて記事にしてみた。

gattolibero.hatenablog.com

 

よく行くブログのテーマが変わっていて、ほっとした。

前のテーマは読みにくくて、頼むから変えてくれと言いたくなるぐらいだった。

今度のテーマは読みやすくて、ほっとしている。

と思ったのも束の間、他のよく行くブログがテーマを変えた。

今までのテーマは、字もちょうどよくて見やすくて、結構長い記事を書かれる人だから、テーマの役割が大きかったのだが、新しいテーマは文字も前のより小さくて、色も薄い。何がこのテーマを選ばせる原因だったのかは分からないが、心機一転を図ったのかもしれない。

その人が悪いとかそういう事ではなく、どうしてそのテーマを選んだ?って思う事がしばしばある。

ていうか、私が読みにくいと思っているだけで、そのブロガーさんにとっては最適なテーマであるのかもしれない。

でも、そのテーマで、人が読んだらどう思うかを想像出来ていないというのはどうだろうか。

 

文字が小さいのも、文字色が背景に溶けてしまいそうな灰色なのも、流行なのだろうが、私はやっぱり、はっきりした黒い文字が好きだ。

ただ、文字が大きすぎるのも、威圧感を感じる。

と考えたら、文字の大きさは16pxというのは妥当なのかもしれない。

 

私はころころテーマを変えるけど、小さすぎる文字のテーマは使わない。

後で、自分で文字の大きさをいじるのも、面倒になったので、初めから文字が大きいテーマを使っている。

ただ、自分がしたいテーマと読者が読みやすいテーマは、違うよなと思う。

ずっと、これにしたいってテーマがあるけど、どう考えても、読みにくいし、キラキラしてるしと思って、インストールするのを諦めた。

読んでもらいたいと思っているなら、デザイン性とかなんとかより、自分が読んで読みやすいと思うテーマにした方がいい。

自分が行って、読みやすかったブログを参考にして、自分のテーマを見直してみるのも手だ。

最終更新は68日前

私が大好きなブログの話なのだが、そのブログは、開設されてから、一年も経っていないのだが、人柄のいいブロガーさんで、よく私のブログに遊びに来てくれていた。

そのブログが最後に更新したのは、今この記事を書いてる時点で68日前。

ブログを見に行ったら、Twitterのアカウントもあったので、行ってみると、1月の最初の方に投稿されていたので、少しほっとした。

おそらく、現実生活で何か起きて、ブログを書けない状態になったのだろうが、ただ単にそういう事ではなく、ブログに飽きてしまっただけなのだとしたら、残念だけど…。

読者はかなりいる人で、みんな更新されるのを待ってるようだった。

長い間更新してなくて、また更新し始めたという人も前に見かけたので、読者登録はそのままにしておくつもり。

ブログって、発信が止まると、見てる人は何もそれについて知る事が出来ないなと思ったりする。

でも、私も休む事があったけど、明日から休みますって、告知して休んだ事ないし。

書けなくなる事態は、ある日突然やってくるものだと思っている。

短めな記事にも光を

短い日記記事が好きだったりします。

長い記事を何個か読んだ後、短い記事を見ると、何だかほっとするのです。

 

長くて読み応えのある記事を見るのももちろん好きです。

興味がある事で、自分がギリ読める長さなら、読んじゃいます。

最近は、ブログ読み過ぎな感じで、読んだ事がちゃんと頭に入っているかといえば、そうではなかったり。

 

夕方、その日初めて、購読中のブログを見たら、記事が溜まりすぎてて、落ち着いて読めばいいのに、焦ってしまって、頭に入っていかなかったり。

私は、スマホでいちいちチェックするより、パソコンの大きな画面で、ゆっくり読んでいく方が好きです。

スマホは短めな記事ならいいのですが、長い記事だと、スクロールするのも疲れるので。

改行がないと、読みにくいけど、余計な改行も、スクロールが大変だったりします。

 

長くて良い記事は、はてなブログのおすすめ記事などでよく見かけますが、短くて、良いブログも沢山あるし、もっとそういうブログに光が当たるといいなと思ってます。

ブックマークがとりあえずのストックで終わってしまっている

とりあえず、気になったサイトは、後で見たくなるかもしれないしと、ブラウザのブックマークに入れておく。

ただ、入れたはいいけど、全然後から見直さない事って、よくある。

とりあえずのストックで終わってしまっているのだ。

下手したら、ブックマークに入れた事に満足してしまい、二度と行ってないサイトだってある。

私にとって、ブックマークするというのは、子供が何の考えもなく、おもちゃをおもちゃ箱に放り込むような感じなのかもしれない。

 

 

ブックマークを整理しなきゃなと思いつつ、出来ていない。

今はもうブックマークする必要のないものまで残っているし。

部屋が散らかっているのも片付けた方がいいけど、ブックマークや、以前書いたけど、デスクトップのアイコンの整理もやっといた方がいいなと思う。

arutenaira.hatenablog.com

ごちゃごちゃで、わけわかんなくなる前に、とりあえず、ブラウザのブックマークを整理しようと思った。

ドールを集めるようになったきっかけ(ドール画像注意)

子供の頃、遊んでいた友達の家はお金に余裕があったらしく、友達は沢山のジェニーを持っていた。

正直、うらやましかった。

人より遅く、人形遊びをやめ、綺麗に残しておこうと思って、二体のジェニーを押し入れに仕舞った。

それを取り出してみたのは、もう少しで成人するという頃だったと思う。

可愛さに引きつけられ、ネットで買ったり、ジェニーズクラブや、リカちゃんキャッスルの通信販売を使ったり、見る間にジェニー&ジェニーフレンドが増えていった。

それだけでは終わらず、様々なドールに手を出した。

結果、どうなったかといえば、子供の頃の友達より、遙かに沢山のドールを持つ事になった。

特に、ネットで見て衝撃を受けたのが、プーリップの彼氏の、テヤン君だ。

あんなに綺麗な顔の男子ドールは見たことがなかった。

ネットで調べて、リードというテヤンをお迎えした。

f:id:iisanmisa:20090721141537j:plain

写真が変すぎて、すみません。

てか、なんでこんな変なパッチン留め付けさせてるんだろう…。

デフォルトの衣装はビジュアル系バンドっぽい感じだけど…。

 

最近は、ドールに構えてないけど、彼らに見られながら、ブログを書いてる。

妹は、視線が怖くないの?って言ってくるけど、そんなの、視線なんて時々感じるくらいで、普段はまったく気にしてないし。

ブライスとか怖いとか言われるけど、え?この可愛さがわからないの??って思ってしまう。

f:id:iisanmisa:20190213005342j:plain

これはたしか、ブライスのフィービーメイビーかな?

この憂いを帯びた顔に、何だか引きつけられるんだよなー。

ちなみに、服はデフォルトではなく、リカちゃんの服だったり。

 

この前、リカちゃんキャッスルのオンラインショップでの、ドール争奪戦に敗れてしまい、もうここでドールを買う事はないのかもなと思った。

一部の人だけが手に出来るものに、変わってしまったなと思う。

それは、他のドールでも言える事だけどね。